カードローンというのは、消費者金融などから、一定の借入限度額を設定してもらいその限度額の範囲内で、原則として自由にお金を借り入れたり、返済したりを繰り返すというサービスです。もちろん借りたお金については、利息をつけて一定の金額を毎月返済することになりますが、一度、借りたら返済一方のキャッシングに比べると柔軟性のある利用が可能と言えるでしょう。

 仮に50万円という限度額を設定した場合、ギリギリ50万円を借りてしまうと、当面の間、この金額を上回る借入れはできなくなってしまいます。

 ですので、自分が当面いくらのお金が必要なのかをまずもって確認し、その上で、不測の事態に備え、余裕をもたせた限度額を設定(もちろん審査があります)するようにした方が良いでしょう。

 カードローンというのは、キャッシングに比べると、借りたり返したりが柔軟なところに特徴があると書きましたが、逆に言うと、なかなか借金が減らず、ずっと利息を払わせられ続ける危険性にも注意する必要があります。

 ちょっと限度額に余裕が出たからと言って、また借入れに走ってしまっては、いつまで経っても借金が減らない。それこそ、カードローンを提供する消費者金融等にとっては、お金が稼げて望ましい事態ということですので、こういった点も頭の片隅において、上手にカードローンと付き合うようにして下さい。